健康維持に役立つスピルリナ - スピルリナが合わない人や副作用が出ることもあります

健康維持に役立つスピルリナ

スピルリナは、熱帯地方に生息している藍藻類の仲間で、およそ30億年前からこの地球に存在しています。主な成分はたんぱく質ですが、消化率は95%もあり、非常に身体に吸収されやすいという特徴があります。



このたんぱく質を構成しているアミノ酸は約20種類あり、人間には合成できない必須アミノ酸を全て含んでいます。
ビタミンやミネラルも豊富で、スピルリナを毎日摂取すれば、肌を健康的に保つビタミンB群や、緑黄色野菜に含まれているβ-カロテンの補給になります。


ミネラルとしては、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、銅などを含み、鉄分は牛レバーのおよそ4倍も含有しています。
さらに、オメガ6系脂肪酸のガンマリノレン酸も含まれます。



これは高脂血症や肥満など成人病の予防になる成分で、血栓を溶かし、血液循環を改善する作用があります。その他、皮膚の健康維持にも役立つ成分です。月見草油などもこのガンマリノレン酸を含みますが、日常から十分な量を摂ることは難しく、手軽に飲めるスピルリナを利用すると便利です。



また肉を食べると体内にリン酸や硫酸が発生し、身体の組織が酸性になります。

しかしスピルリナはアルカリ性食品なので、肉食中心の人の健康維持に適しています。

食物繊維が豊富なので腸内の老廃物が排出されやすくなり、さらに善玉菌が増えて腸内環境が整います。
その他、スピルリナには体内のリンパ球を活性化し、免疫力を向上させる作用があります。