スピルリナの錠剤及び粉末タイプの違い - スピルリナが合わない人や副作用が出ることもあります

スピルリナの錠剤及び粉末タイプの違い

太古から存在している熱帯地方に生息する藻の一種であるスピルリナは、50種類以上の栄養素が含まれ、高い消化率を誇り、免疫細胞を活性化させたり、腸内環境を整えたり、美肌効果やアンチエイジング効果、さらに貧血予防やアレルギー予防、疲労対策など、様々な健康と美容に良い効果が期待されています。



藻の一種であるスピルリナを直接食べることはできないので、サプリメントから摂取することになります。

サプリメントは100%スピルリナからできている粉末あるいは錠剤タイプと、コラーゲンなど他の相性が良い他の有効成分も一緒に含有されているタイプがあります。



錠剤タイプはそのまま水と一緒に飲むと良いでしょう。
粉末タイプも水と一緒に飲むことができますが、スムージーに混ぜたり、カレーやみそ汁に混ぜたりすると、ほとんど意識することがなく摂取することができるでしょう。
スピルリナを使った料理やお菓子のレシピも多く出回るようになっていますので、参考にするのも良いでしょう。



気になる副作用については、体質的に合わない場合があるようです。たとえばお腹が少し緩くなることがあります。

スピルリナが食物繊維からできていることが影響していると思われますが、好転反応とも考えられるので、しばらく様子を見ながら続けていくと良いでしょう。

アレルギー反応が出る場合もあります。


発疹や吐き気などが出る場合があります。

このような症状が出た場合は摂取するのを中止するほうが良いでしょう。